メニューopen

ジャケット

まず、新卒者についてはフレッシュな印象を人事担当者に与えるために、チャコールグレーやネイビーなどの無地系のスーツを選ぶのが基本です。
サイズは肩に合わせて選びましょう。ボタンを留めた状態でどこかに変なしわが生じていないかをチェック。ウエスト回りがシェイプされているものがきれいに見えて良いですが、スリムに見せたい為に細身過ぎるジャケットを選ぶと、窮屈に見えバスト周りにしわがよるので注意が必要です。袖丈は手を下ろして手首が隠れるぐらいが目安です。

パンツ

動きやすさを重視するなら、間違いなくパンツスーツを選択します。ラインは活発な印象を与えるストレートを選ぶのが正解。パンツスーツは活動的で行動的な女性をアピールできます。

 

スカート

就職活動に相応しいスカート丈は、立ったときに膝を隠す程度が基準で、「座った状態でヒザ上から10cm以内」になるのが理想です。「バランスよく見えるから」といって、短くしすぎないよう気をつけましょう。ラインはストレート気味で裾幅が広すぎないものを選ぶのがよいでしょう。もちろん座ったときに膝が開かないように座り方には注意しましょう。

 

ブラウスブラウス

清潔感溢れる白のブラウスは就活の必須アイテムです。人事担当者は、襟元や袖元が汚れていないか、しわがないようにきちんとアイロンがされているかをチェックしていますので注意が必要です。
採用面接に適したブラウスのスタイルは、スキッパーカラーのものかレギュラーカラーのものが好ましいでしょう。

レギュラーカラーのブラウスは、Vゾーンの狭い上着と相性が良く、着用する場合には第一ボタンを留めるのが無難ですが、硬く見えすぎてしまうこともあるので、その際は第一ボタンまでは外しても問題ありません。首周りには、指が1本入るくらいのゆとりが欲しいです。

最近主流となってきたスキッパーカラーは、どんなジャケットにも合わせやすく襟の開き具合が調節できるので、すっきりとした胸元が演出できます。しかし、襟幅が大きすぎるとだらしない印象を与えてしまうので、スーツの襟幅よりも広がらないように気を配りましょう。

袖は、腕を下ろした状態で上着から5ミリ程度内側に入っている長さが望ましいので、購入の際にチェックしてみてください。

 

シューズ&ストッキング&その他

定番は黒のパンプス。フットワークの軽さが第一の就職活動では、ハイヒールは避けましょう。不慣れでぎこちなくなったり、歩行による疲労などが考えられるからです。一般的にはヒールの高さ3~5cmが疲れにくく、足がキレイに見えるとされています。ヒールの太さは太めのほうが安定していて歩きやすいでしょう。
ストッキングについては、色は自分の肌に合ったものが望ましいですね。白や黒、柄のあるものは避けたほうが良いです。

面接時は基本的に時計以外のアクセサリーの着用はNGだと考えてください。髪を留めるためのヘアアクセサリーは落ち着いたシンプルなものなら大丈夫です。