メニューopen

男性編 体型別スタイルアドバイス

やせ形の人を男らしく

体型の悩みを持つ人は多いですが、意外にもやせた人にはやせたなりの悩みがあるようです。

  • ・頼りなく見える
  • ・スーツに着られてしまっている
  • ・ダークスーツだと印象がきつい

など、いわゆる男っぽさがあまり表現できないと感じるケースが多いようです。

 

男らしく見えるスタイリングに

バランスには問題がないので、体型がよく見えるようにボリューム感を演出しましょう。比較的明るめの膨張色を選ぶのが良さそうです。あとは筋トレです。

 

サイズはジャストサイズを選ぶべし!

少しでも男らしく見せようと肩幅よりも大きいものを選ぶのは逆効果。
ジャケットの中で身体が泳ぐ原因になってしまい、下半身とのバランスも悪くなりがち。
スマートな体型を綺麗に見せる着こなしを考えたほうが好印象を与えます。

内ポケットにハンカチなどを忍ばせて胸元にボリュームを出す力技もあります。

 

Vゾーンは柔らかい色目で優しげに見える

本来はボリューム感のある膨張色を利用して、体型をカバーしたいものの、こと就活に関してはそれも限界があります。
ここは、クリーム系のイエローや淡いピンクのタイでシルエットの鋭角的な印象を和らげてみてはいかが。

結論として・・・

色のボリューム感で柔らかさをプラス。
スマートな体型を活かしてスタイリッシュさを前面に出すスタイリングを!

あとは筋トレ!

 

太めの人をシャープに・・・

すらっと細く見せたい、ボリューム感を抑えたい!という方はポイントを押さえたシャープ&縦長のシルエットを。

  • ・少しでも細く見せたい
  • ・Vゾーンが苦しそうに見える
  • ・着崩れしやすい

パンツ丈は・・・

やや細めのストレートラインかテーパードでスッキリしたシルエットを。そのラインを強調するためにも、裾はもたつかないのが原則。

ワンクッションさせる法則はここでは多少無視してもOK。

靴にパンツの裾がたまるのは絶対にNG。

スーツはダークカラーで決まり!

チャコールグレーや濃紺など、引き締め効果のある色選びが肝心。
さりげないピンストライプならスタイルを縦長に見せるのでなお良し。

Vゾーンは鮮やかな色目で重心を上に

ネクタイは鮮やかな色のストライプなど、強めのカラーで顔回りに視線を集めるのがコツ。
ピンホールカラーやドゥエボットーニなど、衿が高く首の詰まったドレスシャツは窮屈に見えるので敬遠した方が良い。

結論として・・・

身体のボリュームはダークカラーでカバー。
Vゾーンにポイントを置き、重心を上に。

下半身はスッキリスリムに見せるのが鉄則。

 

小柄な人をスタイル良く

小柄な人はスーツのラインやシルエット選びに、その悩みを解決する重要なポイントがあります。

  • ・少しでも背を高く見せたい。
  • ・頭が大きく見える。
  • ・ダークスーツが重たく感じる。

シルエットは立体的に

ジャケットはウエストシェイプが効いているものが良い。
パンツも細身でスッキリ見せ、立体感を出すことが背の低さを感じさせないコツ。

今回もあまり裾を長くしすぎないで、ワンクッションするかしないかのラインを狙いましょう。

サイズはジャストサイズを選ぶべし!

少しでも大きく見せようと肩幅よりも大きいものを選ぶのは逆効果。
全体のバランスを崩してしまいます。
袖の長さにも注意が必要。長ければ長いほど背が低く見えてしまいます。

Vゾーンは明るい色を選び細くまとめる

スーツはグレーなどの明るめの色で、さりげない細かなストライプのジャケットも効果アリ。
細めのタイを小さめに結ぶのが正解。縦長のラインが強調できて、身体に対するバランスも取りやすい。
色は明るく、軽めに。

結論として・・・

色は軽やかに、メリハリを付けた立体感のあるシルエットで長身効果をねらえ!